動画 画像 音声 記事     
         
サブメニュー
      文化
      文芸・芸術
      修煉体験
      音楽
     
文化交流  >  修煉体験
引用サイト:明慧ネット
http://jp.minghui.org/2017/07/17/54511.html
法の暗唱についての感想
文/中国の大法弟子

 【明慧日本2017念7月17日】今回私は2回目に『轉法輪』を全部暗唱しました。あと1週間で10カ月という時間がかかりました。

 1回目に暗唱したのは10年前でしたが、1年6カ月の時間がかかりました。その後、2回目に暗唱をはじめましたが、第三講まで暗唱した時、迫害されて、最後まで貫くことができませんでした。その次は第一講を暗唱したところで何が原因だったか覚えていませんが、中断されました。

 昨年9月、特殊な事情はありませんでしたが、どうしても法を暗唱したくなりました。今回は絶対最後まで暗唱しよう、中途半端になってはいけないと強く思いました。

 私はサラリーマンで、毎週2日は夜に残業しなければいけません。私は主に残業しない夜の時間を利用して法を暗唱しました。祝日になると必要な家事をやり終えた後は法を暗唱するゴールデンタイムでした。

 法の暗唱は主に比較的長い時間が取れる時を利用しました。短い時間には師父の各地での説法、或いは『明慧週間』を読みました。すでに2年間『明慧週間』を毎週漏らさず読んでいます。時には明慧ネットの交流文章も読みますが、本当に大変恩恵を受けています。一緒に大法を修煉している同修ですが、法を正す時間が速やかに前へ進むに伴い、同修の間との差は本当にあまりにも大きくなっています。

 法を暗唱する過程は心を修める過程でもあり、修煉が向上する過程でもあります。心が静かな場合、暗唱も速くなり、あまり間違ったりもしません。雑念があると、暗唱の速度が落ち、またすぐ間違ったりします。一時期、私は法を暗唱する前に、いつも発正念をして、意念の中で自分の中の良くない考え、業力と良くない観念または外来の妨害を根絶しました。5分間、或いは15分間発正念をしてから、再び座って法を暗唱すると効果が随分良くなりました。

 法を暗唱する中でたくさんの感想がありましたが、ここで二つだけ同修のみなさんと分かち合いたいと思います。

 一つ目に非常に深かった感想は、第六講の色魔に関する部分を暗唱する時、私は非常に速く暗唱できました。2、3回読むとすぐ覚えました。多分この方面で着実に修め、色欲の心を取り除いて向上したからかなと思いました。今年私は51歳であり、夫は修煉していません。彼は私より2歳年上で、非常に健康です。しかし、私たちは2、3年前から夫婦の間に男女の関係はありません。私達修煉者ならみな知っていますが、私達絶対多数の修煉者にはこの心がありません。多くの場合は修煉しない相手に邪魔されます。ひいては夫婦の間の事を断つことができなくて非常に苦しむ修煉者もいます。私は自然にこの心を断ちました。夫は自分にその能力がないと感じ断ちました。いま私達夫婦は一緒に寝ていますが、何事もありません。

 本当に師父が説法で説かれたように「先日、わたしは『佛光が普く照らせば、礼儀が圓明となる』ということをお話ししましたが、それはつまり、われわれの身体から発散されたエネルギーが、あらゆる間違った状態を正すことができるということです。したがって、この場の働きの下で、あなたがそういうことを考えないかぎり、知らず知らずのうちにあなたの配偶者も制約を受けるようになります。あなたがそんな念を起こさなければ、あなたはそんな念を起こすわけもないのですが、相手もそのことを思いつきません」[1]のとおりでした。

 もう一つの感想は、法を暗唱して入静し、完全に心に入った時、本当に坐禅する時と同じ感覚を覚えて、非常に殊勝で妙なるものでした。「われわれにも静功がありますが、われわれの静功はどのように煉るのでしょうか? われわれは皆さんに、どんなに深く入定しても自分がここで煉功していることを知っていなければならないと求めており、何も分からないような状態に入ることは絶対に許さないのです。それでは具体的にどんな状態が現われるのでしょうか? そこに坐ると、自分が卵の殻の中に坐っているかのような素晴らしさ、非常にいい気持ちを感じ、自分が煉功していると分かっていますが、全身が動けないかのように感じる、こういう状態が現われます。これらはみなわれわれの功法に必ず現われなければならない状態です。もう一つの状態があります。坐り続けていると、足が無くなったような気がしてきて足がどこに行ったのか分かりません。身体も、腕も、手も無くなり、頭だけが残っています。さらに修煉していけば頭も無くなったような気がして、ただ自分の思惟があるだけで、わずかな意念だけが自分が今ここで煉功していることを知っています。われわれはこの程度にまで達することができれば十分です。なぜでしょうか? このような状態の中で煉功すれば、身体が最も充分に変化を遂げる状態に達するので、いちばん良い状態なのです。ですからわれわれは、あなたにこのような状態で入静することを要求するのです。しかし眠ってしまったり、ぼんやりしたりしてはいけません。そうすれば良いものが他の人に煉られてもっていかれるかも知れないのです」[1]

 この段落を暗唱してから一時期、毎朝坐禅する時、この段落の法全体が私の大脳の中に現れ、非常に心地よく感じました。

 私は全世界の同修と一緒に朝の煉功をして11年になります。毎朝3時35分になるとアラームがなり起床します。五式の動作を一気に終わらせ、それから6時の発正念をします。その後、顔を洗い、朝ごはんを作ってから、出勤し、1日の生活が始まります。私が毎朝早く起きても修煉しない夫には少しの影響もありません。時には彼に私が毎朝起きて煉功することを知っているかと聞いたら、彼は知っている時もあれば知らない時もあると答えてくれました。

 私達は修煉の中でみな知っていますが、一部の体験は文字に書くことができず、時には書いても、違う感覚を覚えます。法は大きく、師父は偉大です。

 同修のみなさん、師父が巨大な肩替わりで私達のために伸ばしてくださった長くない修煉時間を大切にしましょう。真に修め、着実に修め、師父と一緒に故郷に戻って行きましょう!

 注:
 [1] 李洪志師父の著作:『轉法輪』


(中国語:http://www.minghui.org/mh/articles/2017/7/14/351028.html)
関連文章
      衆生を救い済度する中 「忍び難きは忍びうる。行ない難きも行ないうる」について悟る
      李洪志師父のアメリカでの第一回説法を思い返す
      真相を伝える中で執着を捨てる
      天国の家族からの手紙
      1冊の不思議な本『轉法輪』に出合って蘇った
      「忍」のなかの大自在
      執着心を放下して 初めて法を得ることができる
      夢で見た「輪廻の中でひたすら法を待ち続ける」
      東京 生体臓器狩りの停止を求める一連の活動
      天目で見た師父が巨大な難に耐えられている光景
      「灰色の大山」
      【慶祝513】 師父について25年の歳月を歩んだ
      法の暗唱についての感想
      携帯電話への執着を取り除く
      33日間昏睡状態の患者が蘇った
      【慶祝513 】 私と継娘のストーリー
      大法の弘大、円融と厳粛を体得
      姪は凄まじい交通事故から生還した
      息子は「法輪大法に感謝しなければならない」と挨拶
      小さなことにも現れる顕示心
      事務室に優曇華が咲く
      同修よ いまだに意気消沈していますか?
      闘争心から考えおよんだこと
      師父から授かった神の筆で人を救う
      同修を救出する過程で昇華する
      「スマホ中毒」の教訓
      怠りなく人を救い 誓約を果たす
      内に向けて探す修煉では、強靱な意志が必要
      阿吽の呼吸で、衆生を救い済度する
      この世で出会う縁は、誓約を果たすためのもの
      功法を演じる時に現れる問題
      巨額の現金を目の前にして心が動じない
      76才の私は元気はつらつとしている
      リウマチ わずか3日間で完治
      穀物商 陳さんの物語
      大法の弘大、円融と厳粛を体得
      法会への投稿から 嫉妬心と顕示心を発見
      米 フリーダム・ハウス 「中国の法輪功弾圧は失敗」
      最も良い場所に 最も良い本を置く
      東京でパレード 法輪功の真相を伝える
      金融投資に参与した学習者の目覚め
      出稼ぎ農民 「真相」を知り 救われる
      心に響く 古代の賢人の言葉
      量子力学から見る「天人合一」
      お釈迦さまの歯に埋まった「舎利」 ミクロで見える姿は?
      雷雪の中に 奥深い物事の道理が隠れている
      常に「法輪大法は素晴らしい」と念じれば、なぜ疫病が治るのか?
      大災難から逃れるには? 古代の予言書を解読
      東方と西方の救世主
      無限の天機を秘めた「三千年に一度だけ咲く花」全世界で咲く
      禍源、共性、希望
      武漢肺炎が引き起こした疫病への予測
      世人の「九文字の真言」に対する認識の誤解を解消する
      「神目如電」 神の目は電光のように鋭く明白
      「SARS-ウイルスをはるかに超えている」
      武漢肺炎が 誠心誠意に「九文字の真言」を念じて回復 
      NYの宝石商 「真言」を念じて中共ウイルスから全快
      「九文字の真言」を念じ、姑は不思議な体験をする
      専門家の謎 「日本はなぜ感染が少ない?」
      「九文字の真言」はなぜ中共ウイルスを滅せられるか?
      ≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(50)「トンヤンシーの事実を耳にして」
      疫病の災難を取り除く 無価の薬とは
      疫病の目
      現代人の常識を覆す、疫病の大災難(上)
      現代人の常識を覆す、疫病の大災難(下)
      疫病神が見えた(2) 私の兄弟と中国の同胞へ