動画 画像 音声 記事     
         
サブメニュー
      物語
      映画
物語  >  物語
引用サイト:大紀元
https://www.epochtimes.jp/jp/2008/10/html/d75355.html
≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(50)「トンヤンシーの事実を耳にして」
 その日の晩、養母と養父は蘭家後村の趙家の事を話し始めました。私にもかすかに聞こえてきたのですが、趙家は蘭家後村にあり、少なからぬ土地を分け与えられましたが、労働力が足りないので、養父に手伝いに来てほしいというのだそうです。養母は養父に、自分たちも蘭家後村に引っ越したいと言っていました。

 養父が山に入る前には、養母は趙家のことなどこれっぽっちも話さなかったのに、養父が数日出かけている間に、どうしてこんなにも大きく変わったのか。養父は不思議に思い、養母に尋ねたのですが、そのときは養母は仔細を告げずにさっさと寝てしまいました。

 翌日、養母は私を向かいの謝さんの家に「粉引き」に行かせました。謝さんの家には、ロバと碾き臼があり、近所の人はそこへ粉引きの手伝いに行くのです。そして、手伝いが終わると、加工賃をもらったり糟や少しばかりの穀物をもらいました。

 今日はどういうわけか、私がトウモロコシの粉引きに行ってみると、謝おばあさんとその家の口の利けない叔父さんの奥さんは、ずいぶん私に気を使いよくしてくれました。その上、ロバを碾き臼につないだり、ふるい用の木のお盆や箕などを用意してくれました。

 その日は、謝さんの家にお客さんが何人か来ており、私が外棟の東の間で「粉引き」をしていると、わざわざそこへ来て、私の仕事を見るのです。そして、何やらひそひそ声で、幼いのによく仕事ができるなどと、私を褒めているようでした。

 私は耳に入りましたが、全く気にしませんでした。その人たちは私とは何の関係もないのだと思い、いつものように、一人で粉を引き、ふるいにかけ、黙々と働きました。

 ところが、私が家に帰ってみると、養母が養父と喧嘩を始めていました。オンドルの上でもしきりに罵っていました。養父は私が戻ってきたのを見て、何も言わず、外へ薪割りに出て行きました。

 養母はそれでもまだ罵り続けていました。私はその声から、どうもまた私のことで二人が喧嘩をしたのだとわかりました。養母は罵りながらぶつぶつとぼやいていました。「このお馬鹿さんは私が連れてきたんだから、私の好きなようにさせてもらうからね」。ひとしきりぼやくと、養母は乳飲み子を背負って出て行きました。

 このように、奇妙なことが前後していろいろと起こったのに、私には依然としてそれがどういうことか全く見当がつきませんでした。

 その晩になって、孫おじさんが私の家に来て、何やら養父と話を始めました。外の間にいた私は、二人の話が聞こえ、事の経緯の全てがやっとわかりました。

 養母は私を蘭家後村の趙という家に売りに出そうとしていたのでした。私が小学校を卒業するのを待って、趙家の次男の嫁にするというのです。しかも、向かいの謝おばあさんが「仲人」で、養母には大金が入るというものでした。

 私はそれを聞くと、とても悲しくなりました。以前、養母は、趙家には女の子がいないので、私をほしがっていると言っていただけで、息子の嫁になるなど、これっぽっちも聞いていませんでした。私は考えれば考えるほど分からなくなりました。悲しいけれども、「トンヤンシー」になるのがどれほど恐ろしいことかよく分からなかったので、いっそのこと考えないことにしました。

 私の頭の中にあるのは、間もなく学校に行って勉強できるということだけでした。「先の事」は考えないようにしていた私は、往々にして事情が発生してから怖くなるのでした。

(つづく)
関連文章
      衆生を救い済度する中 「忍び難きは忍びうる。行ない難きも行ないうる」について悟る
      李洪志師父のアメリカでの第一回説法を思い返す
      真相を伝える中で執着を捨てる
      天国の家族からの手紙
      1冊の不思議な本『轉法輪』に出合って蘇った
      「忍」のなかの大自在
      執着心を放下して 初めて法を得ることができる
      夢で見た「輪廻の中でひたすら法を待ち続ける」
      東京 生体臓器狩りの停止を求める一連の活動
      天目で見た師父が巨大な難に耐えられている光景
      「灰色の大山」
      【慶祝513】 師父について25年の歳月を歩んだ
      法の暗唱についての感想
      携帯電話への執着を取り除く
      33日間昏睡状態の患者が蘇った
      【慶祝513 】 私と継娘のストーリー
      大法の弘大、円融と厳粛を体得
      姪は凄まじい交通事故から生還した
      息子は「法輪大法に感謝しなければならない」と挨拶
      小さなことにも現れる顕示心
      事務室に優曇華が咲く
      同修よ いまだに意気消沈していますか?
      闘争心から考えおよんだこと
      師父から授かった神の筆で人を救う
      同修を救出する過程で昇華する
      「スマホ中毒」の教訓
      怠りなく人を救い 誓約を果たす
      内に向けて探す修煉では、強靱な意志が必要
      阿吽の呼吸で、衆生を救い済度する
      この世で出会う縁は、誓約を果たすためのもの
      功法を演じる時に現れる問題
      巨額の現金を目の前にして心が動じない
      76才の私は元気はつらつとしている
      リウマチ わずか3日間で完治
      穀物商 陳さんの物語
      大法の弘大、円融と厳粛を体得
      法会への投稿から 嫉妬心と顕示心を発見
      米 フリーダム・ハウス 「中国の法輪功弾圧は失敗」
      最も良い場所に 最も良い本を置く
      東京でパレード 法輪功の真相を伝える
      金融投資に参与した学習者の目覚め
      出稼ぎ農民 「真相」を知り 救われる
      心に響く 古代の賢人の言葉
      量子力学から見る「天人合一」
      お釈迦さまの歯に埋まった「舎利」 ミクロで見える姿は?
      雷雪の中に 奥深い物事の道理が隠れている
      常に「法輪大法は素晴らしい」と念じれば、なぜ疫病が治るのか?
      大災難から逃れるには? 古代の予言書を解読
      東方と西方の救世主
      無限の天機を秘めた「三千年に一度だけ咲く花」全世界で咲く
      禍源、共性、希望
      武漢肺炎が引き起こした疫病への予測
      世人の「九文字の真言」に対する認識の誤解を解消する
      「神目如電」 神の目は電光のように鋭く明白
      「SARS-ウイルスをはるかに超えている」
      武漢肺炎が 誠心誠意に「九文字の真言」を念じて回復 
      NYの宝石商 「真言」を念じて中共ウイルスから全快
      「九文字の真言」を念じ、姑は不思議な体験をする
      専門家の謎 「日本はなぜ感染が少ない?」
      「九文字の真言」はなぜ中共ウイルスを滅せられるか?
      ≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(50)「トンヤンシーの事実を耳にして」
      疫病の災難を取り除く 無価の薬とは
      疫病の目
      現代人の常識を覆す、疫病の大災難(上)
      現代人の常識を覆す、疫病の大災難(下)
      疫病神が見えた(2) 私の兄弟と中国の同胞へ