物語  >  物語
師父が法を伝えられた時の思い出−北京の弟子より−
多くの北京の弟子は以前から師父の功を教え法を伝える講習会に参加する幸運に恵まれていた。講習会のとき、体は浄化され、道徳の境地も高まった。その時、私達は師父にまつわる幾つかの出来事を知り、経験したのである。神話のように聞こえる話もあるが、すべて本当のことだった。これらのことを通じて、師父が私達を済度するためにどれだけ多くの苦労をし、多くの魔難に遭ったのか知れない。師父の大恩に感謝の意を表しきれず、ただただ修煉の道のりで善に向かい、基準に達するよう努力するしかない。それこそ、師父への最高の恩返しである。