動画 画像 音声 記事     
         
サブメニュー
      文化
      文芸・芸術
      修煉体験
      音楽
     
文化交流  >  修煉体験
引用サイト:明慧ネット
http://jp.minghui.org/2017/04/16/52863.html
「忍」のなかの大自在
文/中国の大法弟子

 【明慧日本2017年4月16日】人々は「忍という文字の上にはひとつの刃物がある」とよく言います。忍の話をすると、多くの人は苦しみを思い浮かべます。この苦しみの「忍」と「大自在」をどうやって同じ土俵で量れるのかと、納得いかない人がいるかもしれません。常人は自分の名、利、情の得と失のために喜んだり、憂えたりしています。

 修煉者として忍のなかで執着をはっきりと認識し、それを取り除いてはじめて人間から抜けだすことができます。例えば、私達が他人に無実の罪を着せられたり、責められた時、我慢できずに論争したり、明らかにしたりする時、口調がますます激しくなります。その時、あなたは自分の名声を守るために心が動じていませんか。もし、辛い思いに耐えて自我を修めれば、無実の罪を着せられ非難された時、怒ることもなくなるでしょう。その時のあなたは人間のなかのすべてのことから抜け出し、外からそのことを視ていて、誰が正しくて誰が間違っているかを論争することもなくなり、それは他でもなく大自在ではありませんか。しかし、どのくらいの人が本当に「忍」を全うした後の大自在になれるのでしょうか!!

 師父は「忍の中に捨があり、捨てることができることは、修煉の昇華です」[1]と説かれました。「忍」が苦しいと思う同修は、苦しんでいるのは誰か、はっきり分別してみることができます。それが本当のあなたでしょうか、それとも偽物のあなたでしょうか。私達は法理がはっきりした時、それは後天的に形成された観念であり、思想業力という偽物の自分が苦しんでいると気づきます。なぜなら、私達が欲望や、誘惑に耐えている時、それらはますます弱くなり、最終的に消滅されるからです。しかし、私達の本当の自分はちょうどその中で昇華し、汚れをきれいに洗い流します。

 身体の苦しみは、歯を食いしばれば耐えられます。しかし、思想のなかの誘惑に忍ぶことは非常に難しいのです。常人社会の様々な誘惑のなかで、心を動じないことは非常に難しく、もし我慢できなければ、さらに魔性に制御されて、自分の行為を放縦してしまいます。たとえ、我慢して行動に移さなくても、思想上我慢できず、それを考えればそれは本当の排斥とは言えず、さらに自身の執着を大きくさせることになります。携帯電話やテレビの誘惑に耐えられなければ、思想のなかの夢中の遊び、八卦、美色、情などに対する執着と欲望を助長します。美食の誘惑に耐えられなければ、味蕾(みらい・舌や軟口蓋にある食べ物の味を感じる小さな器官で、人間の舌には約10,000個の味蕾がある)を追求する刺激から抜け出せません。美色の誘惑に耐えられなければ、汚い人間の殻の中に陥って夢中になり、楽しんでしまいます。

 ですから、私たちは良くない念が浮かんだ時、タイムリーにそれを掴んで消滅し、幻の名残惜しを切り捨てることができてこそ、本当に良くない物質を解体することができます。この過程において、最初は苦しいのですが、考えないようにして我慢しなければいけません。それと徹底的に別れることを惜しむことは、すべてあなたの主意識を邪魔している後天的な観念と業力であり、真のあなたではありません。しかし、あなたが本当に決心して、それを切り捨てた後、あなたは一気にその障碍を破ることができ、昇華してきます。その時、忍は苦しみではなくなり、心身とも昇華した後の幸せとなり、言葉では言い表せない素晴らしい境地となります!!

 注:
  [1] 李洪志師父の著作:『精進要旨』「漏れるところなし」
関連文章
      衆生を救い済度する中 「忍び難きは忍びうる。行ない難きも行ないうる」について悟る
      李洪志師父のアメリカでの第一回説法を思い返す
      真相を伝える中で執着を捨てる
      天国の家族からの手紙
      1冊の不思議な本『轉法輪』に出合って蘇った
      「忍」のなかの大自在
      執着心を放下して 初めて法を得ることができる
      夢で見た「輪廻の中でひたすら法を待ち続ける」
      東京 生体臓器狩りの停止を求める一連の活動
      天目で見た師父が巨大な難に耐えられている光景
      「灰色の大山」
      【慶祝513】 師父について25年の歳月を歩んだ
      法の暗唱についての感想
      携帯電話への執着を取り除く
      33日間昏睡状態の患者が蘇った
      【慶祝513 】 私と継娘のストーリー
      大法の弘大、円融と厳粛を体得
      姪は凄まじい交通事故から生還した
      息子は「法輪大法に感謝しなければならない」と挨拶
      小さなことにも現れる顕示心
      事務室に優曇華が咲く
      同修よ いまだに意気消沈していますか?
      闘争心から考えおよんだこと
      師父から授かった神の筆で人を救う
      同修を救出する過程で昇華する
      「スマホ中毒」の教訓
      怠りなく人を救い 誓約を果たす
      内に向けて探す修煉では、強靱な意志が必要
      阿吽の呼吸で、衆生を救い済度する
      この世で出会う縁は、誓約を果たすためのもの
      功法を演じる時に現れる問題
      巨額の現金を目の前にして心が動じない
      76才の私は元気はつらつとしている
      リウマチ わずか3日間で完治
      穀物商 陳さんの物語
      大法の弘大、円融と厳粛を体得
      法会への投稿から 嫉妬心と顕示心を発見
      米 フリーダム・ハウス 「中国の法輪功弾圧は失敗」
      最も良い場所に 最も良い本を置く
      東京でパレード 法輪功の真相を伝える
      金融投資に参与した学習者の目覚め
      出稼ぎ農民 「真相」を知り 救われる
      心に響く 古代の賢人の言葉
      量子力学から見る「天人合一」
      お釈迦さまの歯に埋まった「舎利」 ミクロで見える姿は?
      雷雪の中に 奥深い物事の道理が隠れている
      常に「法輪大法は素晴らしい」と念じれば、なぜ疫病が治るのか?
      大災難から逃れるには? 古代の予言書を解読
      東方と西方の救世主
      無限の天機を秘めた「三千年に一度だけ咲く花」全世界で咲く
      禍源、共性、希望
      武漢肺炎が引き起こした疫病への予測
      世人の「九文字の真言」に対する認識の誤解を解消する
      「神目如電」 神の目は電光のように鋭く明白
      「SARS-ウイルスをはるかに超えている」
      武漢肺炎が 誠心誠意に「九文字の真言」を念じて回復 
      NYの宝石商 「真言」を念じて中共ウイルスから全快
      「九文字の真言」を念じ、姑は不思議な体験をする
      専門家の謎 「日本はなぜ感染が少ない?」
      「九文字の真言」はなぜ中共ウイルスを滅せられるか?
      ≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(50)「トンヤンシーの事実を耳にして」
      疫病の災難を取り除く 無価の薬とは
      疫病の目
      現代人の常識を覆す、疫病の大災難(上)
      現代人の常識を覆す、疫病の大災難(下)
      疫病神が見えた(2) 私の兄弟と中国の同胞へ