動画 画像 音声 記事     
         
サブメニュー
      政治
      人権
真相  >  人権
引用サイト:明慧ネット
http://jp.minghui.org/2016/12/07/51070.html
東京 生体臓器狩りの停止を求める一連の活動
【明慧日本2016年12月7日】世界に問題を提起した中国政府主導の生体臓器移植。その臓器は一体どこから来るのかについて調査し、報告をしたカナダ元政府高官のデービッド・キルガー氏と人権弁護士のデービッド・マタス氏、さらに台湾から医師の黄士維氏が来日し、臓器狩りに関する異なるイベントが3日間にわたって東京で開催された。

 ドキュメンタリー映画「Human Harvest」初上映

 11月30日、米国の映画界最高峰のピーポディ賞を受賞したドキュメンタリー映画「Human Harvest」の日本初の上映会が東京で開催された。

 この映画は、法輪功学習者が生きたまま臓器を摘出されている事実をキルガー氏とマタス氏が独立調査を行い、集められた膨大な証拠に基づいて制作されたものである。当日、マタス弁護士、黄医師が出席し鑑賞後に発言し、質問にも答えた。

 黄士維医師は「2001年から自分の患者が中国にわたって臓器移植を受けていることに気づきました。実際にこの問題にはじめて取り組んだのは2006年です。過去14年間で中国にわたって腎臓と肝臓の移植を受けた患者は4千人くらいです。これは台湾に限るものではなく、香港、マカオ、マレーシア、シンガポール、他の東南アジア、日本も2000年以降かなりの数が中国に渡って腎臓と肝臓の移植を受けています」と語った。



東京都前議員・吉田康一郎氏「日本の臓器移植ツアーは法律で禁止すべき、殺人の行為は無視してはいけない。日本は加担しないように、立法が必要だ」

 最新報告会

 12月1日、東京都永田町の参議院会館地下1階で、来日したデービッド・キルガー氏とデービッド・マタス氏が臓器狩りに関する最新の報告会を行った。黄士維氏はゲストとして招かれた。司会進行は山田宏・参議院議員。

 最新の報告には日本と関連している病院の情報、日本向けに行われた臓器移植のキャンペーン、実際に臓器移植を受けた日本人の体験談、日本で移植技術を学んだ中国人医師が多くいることが記載されていた。会議では具体的な数字や実例が報告され、これから日本がどのような行動をとるべきかが話し合われた。以下は報告会での発言内容の一部である。

 山田 宏議員は「中国で行われている法輪功学習者の生体臓器狩りが事実であるならば、なんとしても国際社会がこの犯罪行為に対して声を上げていかなければならないと考えています」と述べ、「ただ中国での臓器移植ツアーの顧客の多くを出していると言われている我が国においては、この問題があまり知られておらず、国会での動きも全くにぶい状況でございまして、なんとか日本も、特に日本から中国での臓器移植に行かれる方々がかなりいらっしゃるということでございますので、そのことは中国で無実の方々、政治犯や思想犯、法輪功の方々からの臓器を取り出す殺人行為に対して、事実上加担することになりますので、こういうことは人類の歴史上絶対に許されてはならず、我が国にも声を上げる義務があると考えております」と語った。

 デービッド・マタス氏は「こういった動きを変えなければなりません。国会と政府からそういう動きを起こすことが出来るし、法律や立法面から変えられると考えております。ですから、移植ツーリズムの数字を、まずはつかまなければいけないと考えています。そういうことをきちんと立法化すれば、中国に行くことはないだろうと思いますし、強制的にそれをやめさせることができます。何かすることができるのは、日本政府の動き、もしくは何かの動きだと考えています」と指摘した。

 出版発表会

 12月2日午前、博大書店は『かつてなき邪悪な迫害』の日本語版出版発表会を開催し、同書の著者でもあるデービッド・キルガー氏、デービッド・マタス氏、黄士維氏を招いた。本書は19人の学者、政治家、弁護士、医師、人権活動家らによる論文集で、専門家が様々な角度からこの迫害について分析したものである。

 この本の著者は「この本は2015年8月に出版してから2016年12月までに、すでに5カ国の言語に翻訳されています。中国語、英語、韓国語、フランス語、そして日本語になっています」と説明し、「この本は臓器狩りが21世紀における人類最大の犯罪であるということを皆さんに知っていただき、21世紀における未曾有の犯罪をやめさせることを目的としています」と続けた。

 キルガー氏とマタス氏は、ボランティアでこの調査を始めて10年になる。キルガー氏は中国政府が人道に反する罪をやめるまで続けていくと語った。

 黄氏は「医者は本来人の命を助ける立場ですが、今の中国では医者が人の命を奪う立場に変わってしまった」と指摘し、「第二次世界大戦のとき、ナチスによるユダヤ人虐殺が盛んに行われたが、終戦後、最初に裁判を受け、そして最も重い罪にとわれたのは医者です」と続けた。

さらに黄氏は「ナチスによる弾圧が終わった後に、国際社会の人々は反省しましたが、なぜそのようなことが起きたのでしょうか? やはり無知と無関心が最大の根源だったのです」と語った。

 この本の著者たちは報酬を受け取っておらず、売上げはこの犯罪行為をやめさせるための活動に使われている。

 シンポジウム

 移植ツーリズムを考える会は12月2日午後、東京でシンポジウムを開き、台湾、カナダから来日したデービッド・キルガー氏、デービッド・マタス氏、黄士維氏を招き、中国の臓器移植の裏に潜んでいる問題について、日本人として何ができるかが交流された。

 マタス氏は冒頭で「中国政府の公式声明を受け止めるしかなかったのですが、この数字(臓器移植件数)に関しては臓器の出処を見つけることに焦点を絞ってきました。中国の移植件数を確定することは、これまでになされるべきことではありましたが、今回の調査を通して初めて行なわれました」と説明した。

 マタス氏は、全ての病院の病床数、職員数、助成金や賞与金などを考えて数字を出していき、病院の稼働率や、病院が増えていくなどの全てのデータを検討した結果、中国が公式に発表している年間の移植件数1万例というのは、どうみても、6万~10万例が行なわれていると判明し、その臓器の出処の大部分が法輪功学習者からのものであると指摘した。

 また病院は多くの外国の患者を受け入れており、それらの移植を行っている外科医は日本や西洋の国々で技術を学んでいると指摘し、外科医の中には日本の大学で研修を受けたことをホームページに記載しており、日中友好病院は日本の助成金で建てられた腎臓移植センターであると話した。

 最後にマタス氏は「このように多くの臓器移植の濫用が実際に行われており、それが広告にも出されています。そういったことを私たちは止めなければいけません。止めなければ加担することになってしまいます」と注意を促した。

 キルガー氏は「日本人が持っている才能を、もっと外に向けて行動を起こすことに使ってください、人道に反する罪に対してなぜ(その才能を)使わないのか、使って欲しい」と訴えた。続けて「臓器が収奪されている事実に対しては、日本の人たちにも関係があります。(移植を受けた)本人は安全に帰国出来ますが、移植された臓器は誰かから摘出されているのです」と話し、台湾でも患者はかつて中国に行って臓器移植を受けていたが、今は一切行っていないし、オーストラリアでも法律が通過したと説明した。

 最後に移植ツーリズムを考える会の会長・稲垣氏は「大きな渦を作り、進めていきたい。大きな力が必要です。最終的には日本も、台湾、ヨーロッパ、アメリカと同じように、(中国への)移植ツーリズムを規制する法案を作って、今後日本人がこの大きな犯罪の共犯者にならないようなシステムを構築したい、というのが私たちの願いです」と結んだ。
関連文章
      衆生を救い済度する中 「忍び難きは忍びうる。行ない難きも行ないうる」について悟る
      李洪志師父のアメリカでの第一回説法を思い返す
      真相を伝える中で執着を捨てる
      天国の家族からの手紙
      1冊の不思議な本『轉法輪』に出合って蘇った
      「忍」のなかの大自在
      執着心を放下して 初めて法を得ることができる
      夢で見た「輪廻の中でひたすら法を待ち続ける」
      東京 生体臓器狩りの停止を求める一連の活動
      天目で見た師父が巨大な難に耐えられている光景
      「灰色の大山」
      【慶祝513】 師父について25年の歳月を歩んだ
      法の暗唱についての感想
      携帯電話への執着を取り除く
      33日間昏睡状態の患者が蘇った
      【慶祝513 】 私と継娘のストーリー
      大法の弘大、円融と厳粛を体得
      姪は凄まじい交通事故から生還した
      息子は「法輪大法に感謝しなければならない」と挨拶
      小さなことにも現れる顕示心
      事務室に優曇華が咲く
      同修よ いまだに意気消沈していますか?
      闘争心から考えおよんだこと
      師父から授かった神の筆で人を救う
      同修を救出する過程で昇華する
      「スマホ中毒」の教訓
      怠りなく人を救い 誓約を果たす
      内に向けて探す修煉では、強靱な意志が必要
      阿吽の呼吸で、衆生を救い済度する
      この世で出会う縁は、誓約を果たすためのもの
      功法を演じる時に現れる問題
      巨額の現金を目の前にして心が動じない
      76才の私は元気はつらつとしている
      リウマチ わずか3日間で完治
      穀物商 陳さんの物語
      大法の弘大、円融と厳粛を体得
      法会への投稿から 嫉妬心と顕示心を発見
      米 フリーダム・ハウス 「中国の法輪功弾圧は失敗」
      最も良い場所に 最も良い本を置く
      東京でパレード 法輪功の真相を伝える
      金融投資に参与した学習者の目覚め
      出稼ぎ農民 「真相」を知り 救われる
      心に響く 古代の賢人の言葉
      量子力学から見る「天人合一」
      お釈迦さまの歯に埋まった「舎利」 ミクロで見える姿は?
      雷雪の中に 奥深い物事の道理が隠れている
      常に「法輪大法は素晴らしい」と念じれば、なぜ疫病が治るのか?
      大災難から逃れるには? 古代の予言書を解読
      東方と西方の救世主
      無限の天機を秘めた「三千年に一度だけ咲く花」全世界で咲く
      禍源、共性、希望
      武漢肺炎が引き起こした疫病への予測
      世人の「九文字の真言」に対する認識の誤解を解消する
      「神目如電」 神の目は電光のように鋭く明白
      「SARS-ウイルスをはるかに超えている」
      武漢肺炎が 誠心誠意に「九文字の真言」を念じて回復 
      NYの宝石商 「真言」を念じて中共ウイルスから全快
      「九文字の真言」を念じ、姑は不思議な体験をする
      専門家の謎 「日本はなぜ感染が少ない?」
      「九文字の真言」はなぜ中共ウイルスを滅せられるか?
      ≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(50)「トンヤンシーの事実を耳にして」
      疫病の災難を取り除く 無価の薬とは
      疫病の目
      現代人の常識を覆す、疫病の大災難(上)
      現代人の常識を覆す、疫病の大災難(下)
      疫病神が見えた(2) 私の兄弟と中国の同胞へ