動画 画像 音声 記事     
         
サブメニュー
      文化
      文芸・芸術
      修煉体験
      音楽
     
文化交流  >  修煉体験
引用サイト:明慧ネット
http://jp.minghui.org/2014/10/07/40567.html
「灰色の大山」
観念を変え、自分の空間場にある腐敗物や異物を解体する

文/錦州の大法弟子

 【明慧日本2014年10月7日】明慧ネットに掲載されている「観念を変え、共に内に向けて探し、危篤の同修が三日で関を乗り越えた」という修煉体験を読んで、私は強く感銘を受けました。

 文中ではこう書かれています。

 「翌日の午前中、私は明さんの見舞いをしてから帰宅しました。正午の発正念をするとき、私の心はどうしても静まらず、心の中で師父に問いました。『師尊、なぜ多くの同修が明さんのために発正念しているにもかかわらず、彼の健康状態はますます悪くなっているのでしょうか? なぜ邪悪は未だに同修を迫害できるのでしょうか? 私たちは一体何が間違っているのでしょうか?』。突然、師父が大きな灰色の大山を見せて下さいました。そして山頂に、「観念」という二つの黄金色の文字が現れました。この二文字から黄金色の光が放たれ、私の胸を打ちました。私は自身が明さんに対して抱いている三つの観念が見えました。『全体との協力に消極的、能力を発揮しようとしない、気性が激しい』。私ははっきりと分かりました。なるほど、皆の観念が病業に遭っている同修への迫害を重くしたのです」

 これを読んで、私は驚きました。私たちの同修への観念はこれほどひどくマイナスに作用し、大きな傷害を与えてしまうのでしょうか! 普段、私たちは病業に妨害されていたり、不当に連行されたりした同修、トラブルや魔難の中にいる同修に対し、それぞれの見方や意見があります。この人はこのような漏れがあり、あの人はあのような執着があるなどです。特に、自分と意見の合わない同修や協調人に対し、いつも相手の不足や欠点が目につきます。いつも自分が正しいと思い、他人を指導し、指摘し、変えようとしたりしています。学法の時も、この段落は誰々のことを言っている、あるいは誰々にもこのような問題が存在すると思ったりしています。

 文章の中で、このような話もありました。「周囲の同修は普段、明さんに対して寛容で、擁護しています。たとえ多少の意見の相違があっても、トラブルにはなっていません。しかし他の空間では、それらの意見が黒、あるいは灰色の山となって、迫害を受けている明さんの肉体にどんどん重荷を増やしていきます。皆が一生懸命に発正念をしてもそれを解体できず、どれだけ恐ろしいことでしょう」

 それなら、私たちが持つ良くない考えや観念がどれだけのマイナスの物質を作り出し、どれだけ高く、大きく、黒い山を積もらせるのでしょうか。同修にどれだけ大きな損害を与え、法を正すことにとってどれだけの妨害になるでしょうか? 本当に恐ろしいことです。

 同時に、私が分かったのは、私の地区のあれだけ多くの同修が長時間発正念をしても、あるいは同修を救出するための策をあれだけ多く講じても、却って同修の病がますます重くなり、ひいては肉体を失いました。多くの同修が救出されないどころか迫害がますます重くなり、さらには邪悪によって刑務所に入れられました。なぜなら、私たちの観念によって、その頂上と側面が見えないほど大きな灰色の山が形成され、同修が受ける迫害を重くしたからです。

 師父は『各地での説法二』の「二〇〇二年米国フィラデルフィア法会での説法」の中で次のようにおっしゃいました。「常人社会で起きた全ては今日においても、皆大法弟子の心によって促成されたのです」

 この迫害はまさに、同修に漏れがあり、執着、欠点、誤りがあるから迫害に遭っていると思い、そして迫害を認めてしまったため引き起こされたものだと思います。誰もが内に向けて探し、自分を正し、執着を取り除かなければ、誰も何もできません。まさに私たちの観念が旧勢力及びその按配に符合し、承認し、支持し、そして放任したがゆえに、邪悪の迫害を助長し、強めたからです。

 私たちはこのような観念を持って発正念し、同修を救出しようとすれば、良い効果が得られるわけがありません。それ自体が物質で、生命であり、私達のエネルギー場に充満しています。この時、私たちが発したのは正念ですか? 粘々とした「腐敗物や異物」(『正念』)ではありませんか? 他空間で形成される黒い、あるいは灰色の山が同修の空間場を圧迫し、物事をマイナスの方向へと導いてしまいます。

 私たちはこの「灰色の大山」を背負って、「腐敗物や異物」を持って円満成就できるでしょうか? 天に戻れるでしょうか? 新しい宇宙がこれらの「ゴミ」に汚染されて良いでしょうか? これは小さな問題ではなく、私達一人ひとり、そして全体が長い間直面し、乗り越えられなかった「灰色の大山」です。私たちははっきりと目覚め、真面目に、厳粛に、そして思い切ってこの問題に対処すべきです。観念を改め、「灰色の大山」を解体すべきです。

 つまり、私達は必ず自分の観念を改める努力をしなければなりません。学法をする時に、理性的に法を認識すべきです。私たち一人ひとり、そして学法グループの全員が法に沿って心を開き、交流すべきです。真に自分を低く見て、謙虚な心を持ち、同修の長所を多く見るべきです。また、問題があれば自分の心を修め、同修についてあれこれ言わず、寛容になり、自分が同修に対して持っている、法に符号しない考えや言動を自省し、観念を改め、隔たりをなくし、共に「灰色の大山」を打ち砕くべきです。そして、岩石のように堅い全体を形成し、円融にして不滅な大穹を築きましょう。

 個人的な見解ですが、妥当でない部分があればご指摘をお願いします。

関連文章
      衆生を救い済度する中 「忍び難きは忍びうる。行ない難きも行ないうる」について悟る
      李洪志師父のアメリカでの第一回説法を思い返す
      真相を伝える中で執着を捨てる
      天国の家族からの手紙
      1冊の不思議な本『轉法輪』に出合って蘇った
      「忍」のなかの大自在
      執着心を放下して 初めて法を得ることができる
      夢で見た「輪廻の中でひたすら法を待ち続ける」
      東京 生体臓器狩りの停止を求める一連の活動
      天目で見た師父が巨大な難に耐えられている光景
      「灰色の大山」
      【慶祝513】 師父について25年の歳月を歩んだ
      法の暗唱についての感想
      携帯電話への執着を取り除く
      33日間昏睡状態の患者が蘇った
      【慶祝513 】 私と継娘のストーリー
      大法の弘大、円融と厳粛を体得
      姪は凄まじい交通事故から生還した
      息子は「法輪大法に感謝しなければならない」と挨拶
      小さなことにも現れる顕示心
      事務室に優曇華が咲く
      同修よ いまだに意気消沈していますか?
      闘争心から考えおよんだこと
      師父から授かった神の筆で人を救う
      同修を救出する過程で昇華する
      「スマホ中毒」の教訓
      怠りなく人を救い 誓約を果たす
      内に向けて探す修煉では、強靱な意志が必要
      阿吽の呼吸で、衆生を救い済度する
      この世で出会う縁は、誓約を果たすためのもの
      功法を演じる時に現れる問題
      巨額の現金を目の前にして心が動じない
      76才の私は元気はつらつとしている
      リウマチ わずか3日間で完治
      穀物商 陳さんの物語
      大法の弘大、円融と厳粛を体得
      法会への投稿から 嫉妬心と顕示心を発見
      米 フリーダム・ハウス 「中国の法輪功弾圧は失敗」
      最も良い場所に 最も良い本を置く
      東京でパレード 法輪功の真相を伝える
      金融投資に参与した学習者の目覚め
      出稼ぎ農民 「真相」を知り 救われる
      心に響く 古代の賢人の言葉
      量子力学から見る「天人合一」
      お釈迦さまの歯に埋まった「舎利」 ミクロで見える姿は?
      雷雪の中に 奥深い物事の道理が隠れている
      常に「法輪大法は素晴らしい」と念じれば、なぜ疫病が治るのか?
      大災難から逃れるには? 古代の予言書を解読
      東方と西方の救世主
      無限の天機を秘めた「三千年に一度だけ咲く花」全世界で咲く
      禍源、共性、希望
      武漢肺炎が引き起こした疫病への予測
      世人の「九文字の真言」に対する認識の誤解を解消する
      「神目如電」 神の目は電光のように鋭く明白
      「SARS-ウイルスをはるかに超えている」
      武漢肺炎が 誠心誠意に「九文字の真言」を念じて回復 
      NYの宝石商 「真言」を念じて中共ウイルスから全快
      「九文字の真言」を念じ、姑は不思議な体験をする
      専門家の謎 「日本はなぜ感染が少ない?」
      「九文字の真言」はなぜ中共ウイルスを滅せられるか?
      ≪縁≫-ある日本人残留孤児の運命-(50)「トンヤンシーの事実を耳にして」
      疫病の災難を取り除く 無価の薬とは
      疫病の目
      現代人の常識を覆す、疫病の大災難(上)
      現代人の常識を覆す、疫病の大災難(下)
      疫病神が見えた(2) 私の兄弟と中国の同胞へ