動画 画像 音声 記事     
         
サブメニュー
      文化
      文芸・芸術
      修煉体験
      音楽
     
文化交流  >  文化  >  『三字経』第12単元 飲水思源(いんすいしげん)
『三字経』第12単元 飲水思源(いんすいしげん)

高 曾 祖   父 而 身
gāo zēng zǔ fù ér shēn
高曽祖 父よりして身


身 而 子   子 而 孫
shēn ér zǐ zǐ ér sūn
身よりして子 子よりして孫

自 子 孫   至 玄 曾
zì zǐ sūn zhì xuán zēng
子孫より 玄曽に至る

乃 九 族   人 之 倫
nǎi jiǔ zú rén zhī lún

乃(すなわ)ち九族 人の倫なり

《解釈》
高曽祖は三代を指す。高祖父の下に曽祖父が、曽祖父の下に祖父が並ぶ。そして父、自分の順である。自分の後は息子や孫から、ひまご、やしゃごと続く。この九代は直系の親族であり、自分と関係が深い。また九族では長幼の序や人倫の道を大事にしている。軽視すれば、社会は大混乱に陥るだろう。

《注釈》

高:高い。ここでは、高祖を意味する。高祖父とは祖父の祖父。
曾:かつて。ここでは、祖父の父
祖:おじいさん、祖父
父:父親、父
身:身体、ここでは、自分自身を称する
子:息子
孫:孫

玄:黒い、ここでは孫の孫である玄孫をいう。
曾:曾孫
九族:高祖から曾孫までの親族。
倫:人倫、道理、順番