動画 画像 音声 記事     
         
サブメニュー
      文化
      文芸・芸術
      修煉体験
      音楽
     
文化交流  >  文化  >  『三字経』 第17単元 凍った池で鯉を獲った王祥
引用サイト:新唐人
『三字経』 第17単元 凍った池で鯉を獲った王祥
『三字経』第17単元
孝経(こうきょう)通じ
四書(しょしょ)熟し
六経(りくけい)のごとき
始めて読むべし
詩書易(ししょえき)
礼春秋(れいしゅんじゅう)は
六経と号す
当(まさ)に講求(こうきゅう)すべし

昔の人は学問を研究する際
まず孝経の内容を完全に理解する
次に四書を熟読してから
六経を読み始める
六経とは
「詩経」「尚書」「周易」
「周礼」「礼記」「春秋」
この六冊の総称である
孝経は儒家の孝の教えを説いた書だ
==============
伝統文化教材≪三字経≫について

正に伝統文化教材とも言える『三字経』は、台湾・益群書店から出版されている。本書は『弟子規』や『千字文』、『千家詩』の後に続いて出版された、伝統文化教材詳解シリーズの第4作である。

概要

『三字経』は、宋朝の私塾でテキストとして使われたことが始まりで、現在の小学校の教科書に相当する。ただし、このような毎句3字という形式を最初に用いたのは一体誰なのかについては、意見が割れている。宋の王応麟撰という説も有れば、宋末の区適子の撰とする説も有る。

“経”とは不変の道理であり、古人がある本のことを“経”だと称せば、その本は間違いなく価値がある。中国古代には経典書が非常に多いが、中でも『三字経』は最も読みやすい書物と言える。文学、歴史、哲学、地理天文、道徳倫理、忠孝節義など幅広い分野を題材としており、内容は豊富だが、文章構成は簡潔であり、一句が3字なのでリズム良く読めて面白い。さらに、心に響く内容になっており、初学の児童にとって、『三字経』を覚えることで常識や国学、歴史的故事を数多く学び取ることができ、さらに人としての道理も身に付けられる。だから、『三字経』は児童啓蒙教材として常に1位に選ばれている。

本書は全部で44単元に分かれ、八句ごとに1単元となっている。毎単元の内容には、原文、発音練習、語句解釈、参考訳文、問題討議が盛り込まれている。発音練習は、注音字母表記とピンイン表記の2種類ある。語句解釈は、語句の文章中における意味に注釈を加える他に、特殊な意味のある語句については、その背景を紹介している。参考訳文は、白話翻訳の部分を指し、読者に一句ごとの意味をより理解してもらうことを目的としている。最後に、八句の内容に基づいて、読者諸君が少しでもヒントを得られるようにと願って考えた問題をまとめてある。こういった討論の機会を通して、読者諸君に毎回の単元の主旨をより深く把握してもらうことがねらいである。その他、各単元の終わりには、単元の内容と関係の深い物語と、その物語から感じ取ったことをまとめてもらう作文問題を設けた。

『三字経』は学びやすく、覚えやすい。多くの人に長年愛され続けているのは、この教材を学ぶことで中国伝統文化の気質を養えるだけでなく、学んだことを人としての在り方や世渡りの手本とすることもできるからである。

《三字經》第十七單元 王祥臥冰求鯉

孝經通
四書熟
如六經
始可讀
詩書易
禮春秋
號六經
當講求



古人研究學問時
首先將孝經的道理融會貫通
再將四書熟讀以後
才開始閱讀六經
六經是
詩經 尚書 周易
周禮 禮記 春秋
這6本書的合稱
孝經是儒家講授孝道的書
晉朝有一位王祥
他臥冰求鯉的孝心
甚至感動上天呢
我們來看看吧



東漢末年
在琅邪臨沂這地方
有個叫王祥的孩子
幼年母親就過世了
父親於是再娶
後來 繼母也生了一個男孩

王祥啊
動作還不快點
晾好衣服後
再去把院子掃一掃
是 娘
哎呀 看你一點小事都做不好
真是氣死我了
氣死我了


你看 你看
他爹才出門
那繼母又在虐待他了
是呀 這繼母不但偏袒自己的孩子
還常在他父親面前捏造是非
誣陥王祥
唉 真是可憐喔

相公
祥兒這孩子對我就是沒禮貌
叫他做點事總是不用心

唉 這孩子怎麼是越來越不像話了呢
你得好好教導他

那怎麼行呢 別人會說閒話的

那這樣吧
明早呢 我在說說他
你也別累著了
以後粗活就留給祥兒做吧

從此家中粗重的事
都落在王祥身上
然而王祥不但沒有怨言
反而更加用心謹慎的侍奉雙親



這年冬天 大雪紛飛
湖水都結冰了
而王祥的繼母也病倒了

哎呀 妳不行再這樣下去啊
你已經好幾天沒吃了

那就幫我煮條
新鮮的鯉魚吧

新鮮的鯉魚 這種天氣
王祥 王祥
王祥 你在哪呢

爹 我在這

你娘要吃新鮮的鯉魚
你快去想想辦法
是的 爹




於是王祥急忙的來到市場
卻發現冷清的市場空無一人
原來因湖水結冰
漁夫們都抓不到魚

怎麼會這樣 不行
娘需要鯉魚來補身啊
嗯 那我自己去抓吧

於是孝順的王祥便獨自來到湖邊
拿起樹枝拼命的在湖冰上鑿
希望能鑿出個洞來捕魚
但厚實的冰層卻讓
王祥怎麼敲也敲不破
這時
天真的王祥既然想用自己的體溫
溶化冰層
他脫掉衣服
臥在湖冰上
刺骨的寒冰冷得他牙關打顫
全身顫抖
但他仍然強忍著
也許是王祥的孝心感動了上天
沒想到
就在這時 冰層裂開了
兩條鯉魚跳了出來
王祥驚喜的帶著鯉魚回家孝敬繼母

不得了啊
這 這根本就是神蹟呀
是啊
這種天氣居然糊冰會裂開
還蹦出兩條鯉魚來
太神奇了
鄉裡百姓都為之驚歎
人們都說是王祥孝誠所致
從此他的孝行便盛傳開來




到了蜀漢末年
到處戰亂
王祥的父親不幸去世了
王祥保護繼母和弟弟避難到盧江

隠居30年後
當時州郡想徴召王祥為官
王祥 你為人淳厚善良
我想派給你一個官職
你一定會不負眾望

感謝大人器重
小的家中有老母需要照顧
無法勝任
請大人諒解

直到繼母去世後
王祥盡禮守喪

當時徐州刺史呂虔
賞識他的孝徳
再徴召他當官
在弟弟王覧的大力勸說下
王祥才接受徴召上任

當時徐州境內盗寇横行
王祥帶領兵士平定
使徐州的老百姓過上安定的生活
人們安居樂業

最後王祥官至太保
加封帷陵公
享年85歲
並育有5子
富貴壽考 滿門吉慶

王祥的德行證明了古人所說
百善孝為先
及所謂積善之人
必有餘慶的道理