サブメニュー
      文化
      文芸・芸術
      修煉体験
      音楽
     
文化交流  >  文化
引用サイト:新唐人
https://www.ntdtv.jp/2018/01/1418/
『三字経』第3単元 武訓 学校を造る
『三字経』第3単元



養 不 教    父 之 過
yǎng bú jiào fù zhī guò
養いて教えざるは 父の過ちなり


教 不 嚴    師 之 惰
jiào bù yán  shī zhī duò

教えて厳ならざるは 師の惰(おこたり)なり



子 不 學     非 所 宜
zǐ bù xué   fēi suǒ yí
子(こ)として 学ばざるは 宜(よろ)しき所に非(あら)ず


幼 不 學    老 何 為
yòu bù xué   lǎo hé wéi

幼(よう)にして 学ばざれば 老いて何を為(な)さん



《解釈》

 親が子を養い育てる過程で子供への教育が不十分なら、親の役不足であり失格である。一方、学校では、教師の授業に熱が無く指導が甘ければ、教師の怠慢である。子供の頃から熱心に勉強すれば、後に立派な人になれる。



《注釈》

養:養う、扶養する
父:父、父親
過:過失、過ち
嚴:厳格である、厳しい
師:師、先生
惰:怠惰である、怠ける

學:学ぶ、学習
非:間違い、背く
宜:ふさわしい、当然
幼:幼い
老:年をとっている、老いている
何:どうして、なぜ
爲:なす、行う