サブメニュー
      文化
      文芸・芸術
      修煉体験
      音楽
     
文化交流  >  文化
引用サイト:新唐人
https://www.ntdtv.jp/2018/01/1404/
『三字経』第1単元 周処三害を除く
人 之 初    性 本 善
rén zhī chū  xìng běn shàn

人の初め 性本より善

性 相 近    習 相 遠    
xìng xiāng jìn  xí xiāng yuǎn

性 相近けれども 習い相遠し



苟 不 教   性 乃 遷

gǒu bú jiào xìng nǎi qiān

苟(いやしく)も教えずんば 性 乃(すなわ)ち遷(うつ)る

教 之 道   貴 以 専
jiào zhī dào  guì yǐ zhuān

教えの道は専(もっぱ)を以(もっ)て貴ぶ



《解釈》

人の本性は皆 生まれつき善良である。しかし成長の過程で 教育環境が異なれば、身に着く習慣も異なる。だから適切な指導が無いと、善良だった本性が変わってしまう。また指導には集中して臨むべきだ。



《注釈》
人: 人
之:「の」 という意味を持つ助詞
初:初めの、最初の
性: 本性、性格、性情、性質
本:本来
善:善良、良い
相:互いに、相
近:近い
習:後天的習慣や習性、学ぶ
遠:遠い、差が大きい。

苟:もし、仮に
不:しない、いいえ
乃:である、すなわち・・・である
遷:移る、変わる
教:教える
道:方法、道理
貴:重んじる、大切
専:専一である、もっぱらにする