動画 画像 音声 記事     
         
サブメニュー
      文化
      文芸・芸術
      修煉体験
      音楽
     
文化交流  >  文化  >  『三字経』 第18単元 高価な帯を持ち主に返した裴度ー運命は変えられる
引用サイト:新唐人
『三字経』 第18単元 高価な帯を持ち主に返した裴度ー運命は変えられる
《三字経》第十八単元 裴度還帯

有連山  連山(れんざん)有(あ)り

有帰蔵  帰蔵(きぞう)有(あ)り

有周易  周易(しゅうえき)有(あ)りて

三易詳 三易(さんえき)詳(つまび)らかなり

有典謨  典謨(てんぼ)有(あ)り

有訓誥  訓誥(くんこう)有(あ)り

有誓命  誓命(せいめい)有(あ)り

書之奥  書(しょ)の奥(おう)なり



《連山》《帰蔵》《周易》

この三冊の総称を三易(さんえき)という

三易は卦(占いの図象)を用いて

万物の変化の理を予見し

いかに身を静め 心のより所を得るかを教えている

典 謨(ぼ) 訓 誥(こう) 誓 命

これらは尚書の中の項目で

中には優れた奥深い道理が含まれている

人の運命は 生まれる前から

知らず知らずのうちに定められている

でも、もし徳を積んだり修煉すれば

運命を変えれるかもしれないよ

裴度(はいど)が帯を返した物語はこの道理を証明した

裴度がどうやって運命を変えたのか

一緒に見て見よう

【注釈】

・連山=夏の時代の易の名。

・帰蔵=殷の時代の易の名。

・周易=周代の易の名。

・裴度=唐時代の文人
『三字経』第1単元 周処三害を除く
『三字経』第2単元 竇燕山 子を教える
『三字経』第3単元 武訓 学校を造る
『三字経』第4単元 卞和 玉を献ずる
『三字経』第5単元 黄香と孔融
『三字経』第6単元 舜(しゅん)の物語
『三字経』第7単元 聡明な許允の妻
『三字経』第8単元 黄帝と指南車
『三字経』第9単元 信義に背いた虞孚(ぐふ)の末路
『三字経』第10単元 コメの由来
『三字経』第11単元 黄帝と音楽
『三字経』第12単元 飲水思源(いんすいしげん)
『三字経』第13単元 趙孝争死(趙孝 死を争う)
『三字経』第14単元 乾隆帝と紀暁嵐
『三字経』 第15単元 孔子の話
『三字経』 第16単元 文質彬彬にして君子なり
『三字経』 第17単元 凍った池で鯉を獲った王祥
『三字経』 第18単元 高価な帯を持ち主に返した裴度ー運命は変えられる
『三字経』 第19単元 親孝行な曾子の死に際〜華やかに飾って死ぬのではなく身分相応に〜