サブメニュー
      文化
      文芸・芸術
      修煉体験
      音楽
     
文化交流  >  文化
引用サイト:新唐人
『三字経』第5単元 黄香と孔融
香 九 齡   能 溫 席
Xiāng jiǔ líng néng wēn xí
香は九齢にして 能(よ)く席を温む


孝 於 親   所 當 執
Xiào yú qīn  suǒ dāng zhí

親に孝あるは 当(まさ)に執(と)るべき所(ところ)なり



融 四 歲   能 讓 梨
róng sì suì néng ràng lí
融は四齢にして 能(よ)く梨を譲る


弟 於 長   宜 先 知
dì yú zhǎng yí xiān zhī

長に弟あるは 宜(よろ)しく先(ま)ず知るべし



《解釈》

 黄香は9歳にして、冬にはちちのため寝床を温めた。子は皆、進んで親孝行すべきである。孔融は4歳の時、大きな梨を兄のために譲った。目上を敬う道理は、誰もが幼少より心得るべきだ。



《注釈》

香:香り、ここでは人名
歳、年齢
溫:暖かい、温度
席:寝床
親:父母、親しい
執:執行する、守る
當:当然、当たり前

融:溶ける、融合する(ここでは人名)
讓:譲る、譲歩する
梨:梨
弟:弟
長:長い、年長者
宜:するがよろしい、適当である、すべきである