動画 画像 音声 記事     
         
サブメニュー
      文化
      文芸・芸術
      修煉体験
      音楽
     
文化交流  >  文化  >  『三字経』第9単元 信義に背いた虞孚(ぐふ)の末路
引用サイト:新唐人
『三字経』第9単元 信義に背いた虞孚(ぐふ)の末路
曰 水 火   木 金 土
yuē shuǐ huǒ mǜ jīn tǔ
曰(いわ)く水火 木金土

此 五 行   本 乎 數
cǐ wǔ xíng běn hū shù

此(こ)の五行 数に本(もと)づく

曰 仁 義   禮 智 信
yuē rén yì lǐ zhì xìn
曰く仁義 礼智信

此 五 常   不 容 紊
cǐ wǔ cháng bǜ róng wěn

此の五常 容(まさ)に紊(みだ)るべからず

《解釈》
水火木金土とは俗に言う五行で、これら5つの元素は万物の源でもある。また五行は相生(そうじょう)と相克(そうこく)の性質を併せ持つ。五常とは仁義礼智信の5つの徳を指し、皆が守るべき規範である。もし五常に背けば、大変な報いを受けるだろう。

《注釈》

五行:古来、天地万物をかたちづくるものと信じられた金・木・水・火・土をいう
本:根本、本源
數:本来、数という意味で、ここでは自然の理をいう

仁:慈しみ、愛する心など善良な品と徳
義:義理、当然しなければならないこと。公正、合理的
禮:礼儀作法、礼節
智:知恵、知識
信:信頼、信用
常:いつも、堂々と、不変である
容:容認する、許す
紊:乱れる、乱雑である