サブメニュー
      人体修煉
      神伝文化
生命探索  >  神伝文化
引用サイト:明慧ネット
http://jp.minghui.org/2017/04/04/52141.html
古今の天象から正法修煉の延長について考える(8)2001:熒惑が尾宿に留まり サタンは足に怪我を負う
文/聖縁

 【明慧日本2017年4月4日】大法弟子全体の修煉の時間は師父に何度も延長して頂きました。多くの弟子はそれを大切にし、絶えず精進していますが、一部の人は時間が経つにつれて緩み、正法修煉の時間が延長されることに半信半疑になり、怠惰するうちに中士まで落ち、甚だしきに至っては圓満成就に対しても動揺し、正法修煉を放棄または大法に反対する側に走りました。————これらはすべて師父や法を完全に信じていないことによる結果です。遡れば、その根源は旧勢力が中華神伝文化を破壊し、現代人の大法を認識することに妨げをもたらしたからです。

 当シリーズの文章は天象文化の玄妙な正確さを公開し、法を正す時間が一回一回延長されていることを証明し、同時に関連する偽りの歴史を暴露し、初めて封じられた歴史の真相を公開します。様々な惑わしから引き起こされたことによって、大法から離れた昔の同修を再び大法に戻らせ、このかつてない歴史の本当の価値を表す時期に、人間が存在する本当の目的を認識させ、このように惑わされている人はこの妨害を乗り越え、精進されるように願います。歴史の素晴らしさは今の人間が正法を認識し、救わるために展開されており、大法弟子が圓満成就して天の家に戻れるように、念入りに按排されたことです。

 当文章は大法修煉の中での個人的な悟りなので、一つの交流として提供いたします。次元の限りがあるので、適当でないところがあれば皆さんから指摘していただき、皆さんが法を師として心を修めることを根本としていただくようお願いします。

(前文に続く)

 時間の座標は2001年に進みました。この一年の火星の軌跡は、また特殊な天象を描きました。つまり熒惑(けいこく・火星の異称)が尾宿に留まったことです。


図:ネット上で故意に誤った天象が伝えられ、真相と偽りの混淆した2001年の「熒惑が心宿に留まる天象図」

 上記の図は誤りのある「2001年熒惑が心宿に留まる」の天象図です。この図は広く伝えられており、ウィキペディアにも収録され、国際権威の科学知識にもなりました。しかしそれは故意に描いた図であり、わざわざ人を間違った方向に誘導するためのものです。

 1. 間違って描き、間違って誘導し、凶兆を抹殺する

 上記のこの誤って伝えられている天象図の描写は、非常に専門的なものです。しかし、わざと尾宿を標注していません。そして中国天象学の縦方向の区分(中国の天象は28宿の区分が全て縦方向に並び、宿間の境界線は二つの宿の間に存在するはずです)を隠し、故意に火星が心宿の範囲に留まるという現象を表し、よく知られていない「熒惑が尾宿に留まる」という天象を有名な「熒惑が心宿に留まる」という天象に変えました。

 下の図は隠されている情報を全て標注しました。そうなると火星の留まっている点は、尾宿の縦方向の区分になっていることが簡単に分かります。ですから2001年の天象は、熒惑が尾宿に留まっているのであって、心宿に留まっているのではありません。


図:正しい2001年の「熒惑が尾宿に留まる天象図」

 その故意に誤った図が及ぼした結果は、「熒惑が心宿に留まる」という大凶天象を否定することです。江沢民が死ななかったため、「熒惑が心宿に留まる」天象は、大したことがないと皆に思われてしまいました。

 これは「熒惑が心宿に留まる」ではなく、江沢民も天命を受けている天子ではありません。中国共産党が政権を奪い、さらに天安門事件によってのし上がった江沢民という生命は、天子の座に座る資格がなく、ただ旧勢力によって権力者の位置に置かれているだけです。しかし「熒惑が心宿に留まる」のではないが、心宿の位置に近かったのでその権力を握っている道化者をおびやかしました。天象文化の背景を変えると天機が自ら分かるようになります。

 2. 西洋の天象をみれば、真機が自ずと分かる

 2001年の火星の運行軌跡の背景を西洋の天象文化に変えた時、火星が留まる位置はサソリ座でした。この毒悪のサソリの足のところに留まることが、対応する人間の事件は「当時の権力者・江沢民の足が大きな異常をきたし、なかなか治らない病にかかりました」。彼がいくら我慢して正常なふりをしても、その情報は漏れてしまいました。

 当時、多くの者が江沢民に取り入ろうとしており、江沢民の足を治せる高人をあちらこちらで探していました。しかし本当の高人なら誰も治そうとはしません。私が知っている1人の高人は訪ねて来た人に、「この奇病は天からの罰です。変える方法はありません。もし法輪功への不法対処を撤回し、名誉を回復すればすぐにも治ります」と話しました。結局その訪ねて来た人は、その話を聞いて怖くなり、逃げてしまいました。

 江沢民の足の病気は奇怪なもので、良くなったり悪くなったりしていました。これは「熒惑が心宿に留まる」が命を奪う大凶天象ではないので、この天象を過ぎたら足の奇病も徐々に消えました。この道化者を震え上がらせる時刻は正確に天象に刻まれており、世の人々に最も直接的な天の警告を与えました。


図:西洋の天象文化の背景で2001年火星の軌跡「熒惑が尾宿に留まる」の天象を現わした展開図

 「中国の天象は、西洋の天象と完全に異なる文化背景ではないでしょうか? 同じ天体の運行軌跡は、東洋と西洋で完全に異なる解読をされており、異なる事件に対応していますが、なぜここで東西の文化が一体になるのか、なぜ同じ事件を指しているのでしょうか?」と聞く読者がいるかもしれません。

 人類文化の基礎作りによって5000年の文化が形成されました。東西の天象文化は異なる道を歩んでいましたが、1999年から宇宙の焦点となる時刻になりました。その時から東西の天象文化が一体になり、すべては中国を指すようになりました。なぜかというとそこは宇宙の法を正す中心位置になり、全宇宙の生命が注目する場所になるからです。東西の天象文化が一つに合わさった形で人間に5000年以来最も直接的な警告を発しました。

 なぜサタンのサソリは江沢民に対応しているのでしょうか? まず、サソリ座は西洋の星座の中の最も悪い存在の一つであり、ギリシア神話の中でこのサソリは神を毒殺できるため、そのことから宇宙の最も邪悪なサタンであると認識されています。我々は共産主義が赤色のファシズムで、ヒトラーの黒色のファシズムと同列に認識しています。中国共産党は今わずかに残った各国の共産党の最も残酷で凶悪なものです。中国をコントロールしてから60年来、一回一回の政治運動で一般民衆を血で血を洗い、鎮反運動、土地改革、三反五反運動、肅反、反右派、大躍進、大飢荒、反右傾、四清運動、文化大革命、「六四天安門事件」で学生を殺してから、法輪功を弾圧するまで、一般民衆から国家主席まで、約半数以上の中国人を迫害しました。不完全な統計によると共産党は平和な時代の政治運動で8千万人以上の人を非正常に死亡させ、2回の世界大戦の死亡人数の合計を越えています。だからこそサタンはまず、中国共産党を指しており、サソリ座に対応する人間での現れは、中国共産党の代表である江沢民ということになります。

 中国共産党の毎回の運動は攻撃対象を反党、反革命の罪に陥れ、メディアで全国に嘘をでっち上げ、言論や文章で攻撃します。法輪功への弾圧も同じように嘘を海外にも輸出し、全世界に毒を撒き散らし、さらに江沢民のポケットの中には法輪功を陥れるためのパンフレットが入っており、自ら外国の首相や大統領に渡していました。これは宇宙で最も毒悪な星座・サソリ座、この神を毒殺したサソリの内涵と同じです。このサソリ座は最大の悪魔サタンを象徴し、人間世界の中国共産党も象徴し、最も深く追及すれば有形の実体である中国共産党元総書記の道化者・江沢民を象徴しています。

 3. 逆行して尾宿に留まり、天に逆らう

 前回すでに述べましたが、熒惑が心宿に留まるという天象は中国天象文化の最も中心、最も大凶な天象であり、この天象に対応する天子は、天に定められた天子です。しかし熒惑が房宿に留まるという天象は、対応する天子が天に認められた天子ではありません。例えば五代次期の後周天子・柴榮です。前回私たちは天象に基づいて真実の歴史を確認し、柴栄の帝位は養父・郭威の息子の帝位を奪って即位したものでした。江沢民は熒惑が尾宿に留まるという天象に応じ、命を奪う劫難ではないが、足の怪我と対応しました。つまり天も彼が帝位につく資格はないということを現しました。私たちは彼が、六四天安門事件の学生の屍を踏んで最高権力の座に登り詰めた事を知っています。彼の生命の本源はヒキガエル(江の民)の生まれ変わりであり、中国をコントロールしてから、中国に巨大な洪水をもたらしただけではなく、腐敗で国を治め、汚職官僚は至るところにおり、恨みや不満が中国に満ちています。

 前回でも説明しましたが、熒惑が「順行して心宿に留まる」天象に対応する帝王は、天に従って行う帝王であり、例えば秦の始皇帝、唐太宗などの帝王です。「熒惑が逆行して心宿に留まる」に対応する帝王は、天に逆らう帝王であり、例えば南北朝時代の梁武帝・蕭衍、五代十国の時の後梁帝・朱溫などです。しかし、江沢民は以上の2種類の帝王とは異なります。彼は帝位に就く資格がありません。ただ中国の最高権力の座に就いただけで、彼は同じように熒惑が逆行して尾宿に留まるという天象に応じ、同じように天に逆らっています。佛を滅する天に逆らうことは天象が証明しています。

 4. 留まる時刻に、天機が屈折する

 再び正しい「2001年の熒惑が尾宿に留まる天象図」を見ましょう。火星が尾宿に留まり、逆方向に変わる時、天機が現れます。

 火星の順行の転換点は5.11で、留まった時刻は5.12です。方向を変えた転換点は5.13で、これは心宿(天子と対応)の周囲なので最高権力者を威嚇する開始点です。5.13は世界法輪大法デーであり、大法の正のエネルギーを代表し、今回、天罰の対象は天に逆らって佛を滅する道化者の権力者です。逆行で留まった点が7.20を指し、それは大法が受難した日です。中国や外国の全ての予言の焦点、そして全宇宙の生命が注目する時刻なので、永遠に天象に刻まれました。2001年、火星がこの時刻に尾宿に留まり、心宿に近づき、これは天に逆らっているサタンを威嚇し、正法の力を表しています。

 これは天象の警告であり、天象という名の文字のない天書は、この大切な時刻、法輪大法を代表する時刻で、人間に警告しています。これは宇宙が天象に刻んだ証明です。法輪大法が人間のサタンに迫害され、サタンは天に逆らって佛を滅し、初めて天の処罰を受けました。天数、天機はこのように屈折し、このようなはっきりとした方法で世の人々を目覚めさせています。嘘や偽りに騙され、誤って邪道に陥った世の人々は、この天の警告の下でまだ目が覚めないのでしょうか?

 法輪功の真相を聞いたことがあり、真相が分かった人は天に逆らって佛を滅する中共に従わず、法を正す天象に従って、自ずと佛を滅する罪と離れ、宋太祖のように旧い運命が書き換えられ、新しい運命の下で幸福な未来がもたらされます。真相が分からなければ虚言に惑わされ、さらに正法への迫害に従い、悔い改めなければ、さらに大きな天罰がやってきます。2003年にこの定められた天罰が天象に刻まれています。

 (続く)

 次集の目次

 古今の天象から正法修煉の延長について考える(9)
 ——2003:金星と火星が氐宿に侵入し、天が疫病を降ろす(上)
 1. 疫病は天の罰であり、歴史上に現れている
 2. 迫害と共に疫病が流行し、正しい信念が立ち上がる


(中国語:http://www.minghui.org/mh/articles/2017/2/7/341948.html)