サブメニュー
      文化
      文芸・芸術
      修煉体験
      音楽
     
文化交流  >  文化
引用サイト:大紀元
http://www.epochtimes.jp/2016/01/25033.html
漢字の紐解き-「王」
 ほぼ数百年前の世界では、十万以上の王国が存在していました。つまり、十万人以上の国王がいたのです。

 古代文明では、国王とはどのような存在だったのでしょうか。

 最古の甲骨文字では、一人の巨人が大地に立っている姿を「王」で表わしていました。これは「王」たる者は普通の人と違い、徳も智慧も風貌も優れた者であることを意味しています。後に、巨人の頭上に「天」を意味する一本の横線が加えられ、天、地、人間界における「王」の立場がより明確になりました。

 漢字の「王」は象形文字で、3本の横線は上から順に天・人・地を象徴します。この三本の横線が縦線でつながれていることから、「王」 とは、天の意に従い、地の恵みを用いて、天地に調和するように人間世界を治める統率者を意味します。

 高徳な君主が治める王国―まさに理想の世界ですね。

(神韻芸術団フェイスブックより)