サブメニュー
      文化
      文芸・芸術
      修煉体験
      音楽
     
文化交流  >  文芸・芸術
真善忍国際美術展作品ー純真の呼びかけ
世界中の人々に迫害への関心と注目を呼びかけるため

『雨の中(純真の呼びかけ)』(陳肖平作、2005)

、法輪功修煉者は世界各地で迫害の実演、チラシ配り及びポスター展示などで真相を伝え続けている。

 作品『雨の中(純真の呼びかけ)』で、パネルを抱えて立つ女の子。ニューヨーク・マンハッタンで行われた迫害の実演を見るために立ち止った人々を見つめる大きな目が印象的だ。目は魂の窓とも言われ、人の目に現れる表情は往々にして内在的感情と本当の思いを示す。人々をまっすぐに見つめる女の子の目は、純粋な心と優しい気持ちの表れであり、この絵の作者及びすべての法輪功修煉者が人々の良知へ呼びかけたい心情の表れでもあろう。